過剰な油分はアクネ菌の栄養に!

10歳代後半の若者から成人して30歳代くらいの人まで、幅広く多くの人がニキビのお悩みを抱えています。

そんなニキビを改善し、予防するためのスキンケアは、潤いを与えてしっかりと保湿することが大切になりますが、過剰な油分を与えることは、アクネ菌の栄養になるので注意しなければなりません。

ニキビができ始める要因の一つであるアクネ菌は、油分を栄養として繁殖する性質があるので、過剰な油分は控えなければなりません。

油分の多い化粧品をつけると、ニキビできるだけでなく悪化する恐れもあるので、なるべく水分を与えて肌をやわらかく保つことが必要です。

とにかく、余分な皮脂は洗顔で綺麗に落としてから、油分の少ない保湿美容液をつけることです。

もちろん、保湿美容液はセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されているものを選ばなければなりません。

成人してからできる大人ニキビは予防が大切ですが、スキンケアの面では、油分を栄養として繁殖するアクネ菌のことをしっかりと考えていかなくてはなりません。

できるだけ油分の少ない基礎化粧品で手入れすることが大事で、油分を控えても乳液やクリームは省かないようにしましょう。

乳液やクリームを省くと、角質が硬くなる角質肥厚を起こしてニキビ発生の原因を作ることになります。

最近では、油分の中でもアクネ菌の栄養になりにくいオイルを使用している乳液やクリームで、ノンコメドジェニックと表示されているものです。

これなら、過剰な油分がなく、肌を柔らかく保ちながら必要な保湿ができます。

ニキビ対策は、こうしたスキンケアが大切ですが、日頃の睡眠時間や食事の摂り方なども合わせて考えなければなりません。

規則正しい生活習慣を過ごす中で、スキンケアの効果があらわれるというわけです。

http://www.higashinokaze.com/